C’s House, Tokyo, Japan

東京C宅

noiz

翻開日本空間設計雜誌,不難發覺住宅類型作品存在著既定模式,包含室內佈局、傢俱、配置角度、方位面向等皆有相似構思,然時常往返台日兩地的業主期冀此案能夠跳脫制式窠臼,在不動格局的前提下獲得簡約現代質感,而其中,如何不著痕跡地落實設計創意,便是設計師蔡佳萱的重要課題。

 

打破界線,創造牆面之間的對話。空間場址座落於匯聚國際潮流的日本東京市,室內面積軒敞,居於高樓層,透過落地窗即能俯瞰川流不息的繁榮市井,然回頭審視室內空間,客廳主牆多了兩扇逃生窗使視覺落入凌亂,因此設計師將這堵牆覆蓋上一道可透光皮層,輕柔微幅的波浪宛如水滴輕觸湖面漾起漣漪,波紋從中心不斷向外蔓延律動,純白線條隨著背後透出來的光暈輕盈,與書房木質背景牆遙相對應,提升白色空間裡的層次感,透過鏤空的牆面創造書房與客廳之間互動關聯,當視覺對角穿透拉近了距離,便衍生出家的溫馨氛圍。兩座牆面皆運用 3D 雷射切割技術,藉由微小弧度以不同角度、間距變換多樣視覺設計,同樣地,微小變化也能見於私領域的長廊,透過斜面削去牆線紊亂的銳角,讓原先冗長的過渡空間消弭缺陷,天際牆線更為平整乾淨。

 

信步入內,掩藏書房與主臥室的綠藍色大門表面光滑如鏡,此處採用日本傳統漆具技法施作,寬度 4.5 公尺的大型尺度不僅考驗著匠人功力也相當費時,最終呈現的效果顯現文化與現代相互融合的創意,色彩也藉此渲染至沙發與單椅。此外,值得一提的是以線條交織而成的古典電視櫃與邊几,設計師自 3D 繪圖軟體延伸,利用線性語彙訂製「Wire Frame Furniture」,為追求特別的業主實現獨樹一幟的居家品味,藉由傢俱點綴,於廣泛相似的日式住宅中脫穎而出。

主要設計:蔡佳萱.豐田啓介

施工單位:海老沢建設會社

空間性質:住宅

使用成員:夫妻

空間面積:225 ㎡

主要建材:膠合板雷射切割.Croth表面處理.油漆.烤漆

座落位置:日本東京

影像:Kenta Hasegawa

採訪:何芳慈

noiz
NOIZは建築設計を核として、最新のデジタル技術を駆使し、次世代のデザインと社会価値を探究する、東京と台北を拠点とした建築設計事務所です。

多様な専門性や技術を持つ国際的なメンバーで構成されたチームで、NOIZ ならではの建築の新しい可能性を探求すること、さらには独自の視点と感性を通すことで、建築ならではの本質的な価値をあらためて掘り下げ、同時に社会的な合理性の獲得や環境負荷の低減に積極的な貢献を行うことを重視しています。

建築を中心に、インテリアやインスタレーション、展示やプロダクトデザイン、バーチャル空間やインタラクティブな環境構築など、デジタル環境を含む広義の空間デザイン全般を専門とし、設計から開発、コンサルティングまで、領域横断的に活動しています。建築という特性、またはデジタル技術という共通言語により、多様なデザイナーやアーティスト、エンジニアとのコラボレーションも多く手掛けています。

わたしたちは、NOIZならではの技術や感性を、建築の新しいあり方や感性の開拓はもちろん、次世代に誇れる環境づくりに活かすことを目標に、建築にかかわるさまざまな人と協働しながら、実践と拡張を通して社会に貢献したいと考えています。
延伸閱讀
創境室內設計|Chuang Jing Design
Lin's House, Hsinchu City新竹 林家宅
洪文諒設計工作室
California Sunshine加州何宅
隱作設計 BH Interior Design Ltd.
S's House, Taichung台中 S 宅
翔騏空間設計 SHIANG CHI
Chiu’s House, Zhubei竹北邱宅
格綸設計工程有限公司 Guru Interior Design Consultant
Lin's House, Taipei City台北林宅
十分建築|王喆建築師事務所 Very Studio|Che Wang Architects
Huang's House, Taichung City, Taiwan台中市黃宅
Saunders Architecture|桑德斯建築師事務所
Villa Grieg, Bergen, Norway挪威卑爾根 葛利格別墅